提供部品(木材接合金具)を使用した木製ハウスの試作・開発

ここでは、木材接合金具を利用した木製トレーラーハウスの試作・開発・検証時の様子を紹介します。

ハウス製作の参考にご覧下さい。金具、内外面が見やすい構造でハウス製作しています。

ハウスサイズ:4坪8帖

◎木材接合金具

フロア側:6個使用

ルーフ側:6個使用(クレーン吊り検証の為)

当協会(岐阜県)に実物がありますので見学希望の方はお問い合わせ下さい。

<重要>

木材接合金具は、特許出願済み製品です。

当協会の特許について知りたい方は、「お問合せページ」より資料をダウンロード下さい。

 

木材接合金具は、利用者が扱いしやすい様に随時改良しています。その為、以下で紹介している手順1~完成の木材接合金具とは仕様が異なります)

(試作時より改良した点)

現在の木材接合金具は、木材を挟み込みしやすい様に1箇所開いています。これにより、ルーフ側に木材接合金具を使用する場合、別で屋根を製作・フォークリフトで合体することなく、製作ができるようになりました。(写真の木材接合金具が最新です)

手順1

105角の木材にボンドを付けて、木材接合金具に差し込みます。

ボルト&ナットで固定します。※金具サイズはオーダーメイドで製作変更可能です。

手順2

四辺の土台を組み立て後、柱用の木材を差し込み固定します。

木材接合金具コーナー部裏面とトレーラーのコーナー部は積載時の位置合わせ加工がしてあります。

今回は、ハウスをトレーラーの金具位置に合わせて、トレーラーの上で製作していますが、

別の場所で完成後、積載に対応しています。

手順3

市販の木材取り付け金具を使用して床面を作っています。側面の基礎枠も作ります。

手順4

屋根の製作を地上で行います。今回は、クレーン吊りにも対応するため、ルーフ用の木材接合金具を使用します。クレーン吊りに対応しない場合、ルーフ用の木材接合金具は任意です。

<重要>

木材接合金具は、随時改良されています。

現在の木材接合金具は、木材を挟み込みしやすい様に1箇所開いています。これにより、ルーフ側に木材接合金具を使用する場合、別で屋根を製作・フォークリフトで合体することなく、製作ができるようになりました。

手順5

屋根の取り付けはフォークリフトを使用します。

※現在は屋根部分もフォークリフトを使用せずにそのまま製作可能です。

手順6

内外の壁、ドアを取り付けます。

完成

室内の様子。試作開発・検証の為、金具などが見やすくしてあります。

 

検証

◎105角の木材と木材接合金具を使用した木製ハウスの室内に重りを乗せ、専用ジャッキによるジャッキアップ時にハウス損傷がないか検証しています。

結果、総重量2500kgでも損傷はなく安全性が確認できています。

以下ファイルで詳細確認できます。

ダウンロード
木材接合金具を使用した木製ハウスのジャッキアップ検証
trailer_mokuzai_kensyou.pdf
PDFファイル 575.2 KB

 

まとめ

木材接合金具を使用して製作された木製ハウスは、当協会のトレーラー(車台)と着脱可能構造となり、脱着式トレーラーハウスとなります。※固定・解除にはロック部品も必要です。